• 若松

桧舞台

更新日:2019年6月25日

「桧舞台」という言葉。ご存知でしょうか?なぜ「桧」+「舞台」なのか疑問ですよね。


桧は江戸時代から高級な木材として扱われていました。

そのため舞台に使用できた桧は、歌舞伎や能など幕府公認の芸能の中でも、一流の劇場に限られていたといいます。つまり、「桧舞台に上がる」のは、一流として認められることを意味していたのです。


一流劇場の桧舞台。それは役者にとって、これ以上ないほど素晴らしい腕の見せ場だったのでしょう。それが転じて、「桧舞台」は「自分の腕前を試すのにふさわしい場所」という意味になり、今でも「全国大会という桧舞台に立つ」など晴れ舞台という意味を指すようになったようです。


桧は乾燥性が良く、狂いの少ない木材です。材質は柔らかく軽いですが、強度と耐朽性が高い優良材。もともと能舞台は屋外にあったので、桧のこうした特長ゆえに使われていて、舞台の材質として桧を超えるものはない、とまで言われています。


桧は日本の伝統文化の宝です。日常生活の言葉にも「桧」が根付いています。わたしたちは、桧を扱う宮大工として、桧に恥の無いように仕事を進めてまいります!


****************************************

三重県 桑名市 いなべ市 の宮大工集団 若松社寺

神社仏閣の質問、ご連絡は 0594-73-1996へ

****************************************


閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

鐘楼の設計、見積もりを依頼されました。 設計から見積もりまで、早速ご提案させていただきました。 グレード上、中、下と3パターンの図面をご提案させていただきました。 お見積りをお渡ししたときに、驚きと笑顔で図面、見積もりを持って帰られました。 ご用命いただけること楽しみにしております。 お客様が喜んでいただけるよう、私達も一生懸命頑張っております。 *************************

7月17日午後6時からケーブルテレビで放送されました。 インターネットにて放送されますので見逃した方々は是非御覧ください。 若松社寺の紹介は4分20秒あたりからです。 放送エリア 桑名市、いなべ市、木曽岬町 菰野町 四日市市 鈴鹿市 朝日町 川越町 放送局   株式会社シー・ティー・ワイ 地域情報部 放送日   2020年7月17日 18:00~ 放送内容  【特集】宮大工として生きる *****